【本】世界を変えた14の密約 もっと人気が出てもよいと思うのに・・

未分類

久しぶりの本のレビューです。

今年はおもしろ本に出会えた気がします。
サピエンス全史の著者 ユヴァル・ノア・ハラリの「ホモ・デウス」は
かなり良かったと思います。

こちらもいつか感想は書きたいなとおもいますが、
今回はこの掘り出し物について書きたいと思います。

世界を変えた14の密約

 

「世界を変えた14の密約」 ジャック・ペレッティ著

偶然にネットで見つけて、電子版を買いました。

表紙には英語タイトルが

「the secret deals that are changing our world」

と書かれているけど、著者のページだと

「the deals that made the world」

となっている。同じもののような気はするけど原文を読んでないので、詳細は不明。

 

目次はこんな感じ。

1 #cash 現金の消滅
2 #risk小麦の空売りとアラブの春
3 #tax 租税回避のカラクリ
4 #wealth 貧富の格差で大儲けする
5 #food 肥満とダイエットは自己責任か
6 #drugs 国民全員を薬漬けにする
7 #work 働き方が改革されない理由
8 #upgrade 終わりなき“買い替え(=アップグレード)”
9 #power 権力を持つのは誰か
10 #business 企業が政府を支配する
11 #news フェイクニュースが主役になるまで
12 #robots ロボットと人間の未来
13 #technology 人類史上最大案件=「知性」の取引
14 #now 21世紀のインフラストラクチャー

 

内容をすべて書くことはできないですが、
本のタイトルにある密約とは、一般的に言われる陰謀ではないです。

どこかの秘密結社が世界を征服するため・・・などではなく、
私たちが使っている、日々生活に要するシステムは、
誰かが、意図して作ったシステムであるということが書かれています。

 

お金、食事、健康、テクノロジーなど、いろいろな分野についての記述があり
最初から読まなくても、興味深いところから読んでみるのもありではないかと思います。
それぞれの章は独立しているので、全く問題ありません。

 

つねに疑問を持ちながら読むことが大事

おそらく読者のみなさんも、それぞれの得意分野があると思うので

そこを読むとあれっ?と言う箇所がきっとあるでしょう。

この本のすべてを信じるのもどうかと・・

本当は、一次資料の文献にあたればよいのですが、

もとの文献は当然英語ですし、僕もそこまではチェックできてません。

 

問題点としてあげると、量が多いのでとっつきにくいかもしれません。

紙の本だと485ページもあるらしく、結構なボリュームです。

電子版だと、本の厚さはわからないので大丈夫かも?

まとめ

世界は誰かがつくったシステムで動いている

これが今回この本から得た感想です。
ボリュームあるけどおすすめです。

 

 

コメント